若年性更年期障害

最近、耳にすることが多くなった、若年性更年期障害

若年性更年期障害とは、その名前の通り、一般的に更年期と呼ばれる40代半ばから50代半ばまでの期間や閉経前後の年齢にあたる女性ではなく、20代、30代といった若い年代の女性が、更年期障害と同じような症状を発症する病気です。

若年性更年期障害だと気付かない場合や、何らかの自覚症状は感じていても、病院などで診断を受けず放置しておくと、月経が止まったり、不妊症になりやすいなど、様々な弊害を引き起こす可能性もありますから、早めに治療を受けることが肝心です。

若年性更年期障害は20代、30代といった比較的若い年代の方々であり、仕事やプライベートでも、無理をしがちです。ストレスも溜め込みやすい生活習慣になっている人も多いので、そういった肉体的・精神的な過度の負担も影響していると言われています。

若年性更年期障害の症状

・月経不順が続く
・寝つきが悪く、眠りが浅い日が多い
・腰や手足が冷えやすい
・動悸・息切れを生じることが多い
・些細なことでもイライラして、怒りやすい
・顔が火照ることが頻繁にある
・汗をかきやすくなった
・頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などを生じることが多い
・肩こり、腰痛、手足の痺れや痛みがある
・身体がだるいことが多く、疲れやすい

若年性更年期障害の予防

若年性更年期障害を予防する上でも基本となるのは、十分な睡眠時間を取ること。

ストレスを過剰に溜め込まないこと。

精神的・肉体的にも頑張り過ぎずにリラックスさせてあげることから始めることです。

急に生活習慣を改善しようとすると、過剰なストレスを感じることとなりますので注意が必要です。