更年期障害はどんな自覚症状があるのか

更年期障害の症状として、自律神経失調症様の症状、脈が速くなる(頻脈)、動悸がする、血圧が激しく上下する、腹痛、微熱、そのほか女性の場合はホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、多汗、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、不眠、疲労感、口の渇き、のどのつかえ、息切れ、下痢、便秘、腰痛、しびれ、知覚過敏、関節痛、筋肉痛、性交痛、生理不順などがあります。

情緒不安定、不安感やイライラ、抑うつ気分など精神的な症状が現れることも多い。精神症状は心身症の様相を呈することが多く、症状の強弱には精神的要素が大きくかかわっています。

更年期障害は自覚症状が中心です

更年期障害は、一定の症状ではなく次々と違った不調として現れることも特徴です。

不規則な生活や過労、睡眠不足や食事のバランスがくずれたりすることも、ホルモンバランスや自律神経の乱れに影響し、更年期の症状を悪くします。

更年期障害はからだに異常はなく、自覚症状が中心です。

更年期障害は自律神経の乱れによるものなので、病院で検査をしても発見されない場合があります。

一定の症状ではなく 次々と違った不調として現れることが特徴です。

イライラしたり、何でもクヨクヨ考え込んでしまう、気分が落ち込んで鬱になるといった精神症状も更年期に現れやすい症状です。