実際のところ、杜仲茶はダイエットに良いのかどうなのか?

テレビ番組で杜仲茶は、メタボリックシンドローム改善に効く「黒いお茶」として紹介され、薬局や量販店でよく目にするようになりました。杜仲茶は、高血圧、高脂血症、高コレステロールを軽減し、生活習慣病の予防に効果があり、二日酔いの予防効果もあると注目されています。

メタボリックシンドローム改善に効く杜仲茶をピックアップしてみました。さて、本当はどうなのか?

杜仲茶の効果

TBSのテレビ番組「知っとこ!」で杜仲茶は、メタボリックシンドローム改善に効く「黒いお茶」として紹介され、放映終了後、杜仲茶が売り切れ続出という状況になったことがあります。その訳は、杜仲茶に含まれている成分のイリドイド配糖体のゲニポシド酸が、高血圧、高脂血症、高コレステロールの軽減、緩和など生活習慣病の予防に効果があると注目されたからです・・・

サイト内 詳細ページ > 杜仲茶の効果

杜仲葉で内臓脂肪が減らす

内臓脂肪の蓄積が引き金と言われる『メタボリックシンドローム』。
メタボリックシンドローム解消は、内臓脂肪を減らすことが有効な手段。
内臓脂肪は、皮下脂肪と比べ内臓脂肪は比較的簡単に減らすことができると言われていますが、生活習慣が乱れがちな現代人の食生活ではそれほど容易ではありません。

サイト内 詳細ページ > 杜仲葉で内臓脂肪が減らす

氷河期を生き抜いた杜仲の生命力

杜仲茶の元となる杜仲。
中国では数千年前から不老長寿の生薬として珍重されてきました。

杜仲が最も繁殖していたのは、恐竜時代末期の6千万年前頃から6百万年前頃の間と言われています・・・

サイト内 詳細ページ > 氷河期を生き抜いた杜仲の生命力