シミの原因は肝臓の機能低下。犯人は紫外線だけではありません。

天気が良い日は、思い切って大空の下で・・・

でも、ちょっと待って! 日焼け止め、ぬってから・・・

シミの原因の7割は紫外線って事は、誰でも知っています。

顔のシミは大きな悩みのひとつですが、最近はシミに関する医学的な研究も進み、対処法も確立されてきました。

シミの原因の7割は紫外線によるものですが、実は顔にシミができてしまう原因には、妊娠中のホルモン異常、肌に合わない化粧品の使用、抗生物質などの薬、やけどやニキビ、かぶれやケガの痕が色素沈着してできるものなどがありますが、生活習慣も関係があるんです。シミができる原因を知り、できる限り予防しましょう。

では、シミができる原因をご紹介いたします。

紫外線によるシミは、美肌づくりの敵

シミの原因の7割は紫外線によるものです。

皆様もご存知の通り、シミ対策の化粧品、「日焼け防止」「UVカット」の化粧品は紫外線対策です。

紫外線によってできるシミの原因を詳しくご紹介しますと、私もあなたも、紫外線を浴びると皮膚はメラニン色素を作って防御するよう働きます。メラニン色素は少しずつ肌の表面に浮上してきて、紫外線から肌を守ろうと頑張ります。これが「日焼け」の状態です。

メラニン色素は、この役目が終わると「お疲れちゃん」。

メラニン色素は、肌の新陳代謝とともに剥がれ落ち、元の肌の色に戻ります。しかし、加齢によりお肌の新陳代謝が弱まると、なかなか剥がれ落ちず、肌の表面でメラニン色素が色素沈着を起こします。

これが紫外線によるシミの原因です。シミは強い紫外線を浴びると、すぐに出る場合と、一定期間皮膚の内部に留まっていたものが突然肌の表面に現れる場合があります。

ストレスもシミの原因になります

ストレスは、免疫力を低下させ、ホルモンバランスを乱し、肌の新陳代謝にも影響を与えます。

働く現代人にとって、なかなかストレスはさけられませんが、精神的にストレスが溜まってイライラする状態になると、人体はこのストレスに対抗しようと副腎から「コルチゾール」というホルモンを分泌します。

これがストレスによるシミの原因です。

ストレスによるシミは、額や眉毛の上あたりにできやすいようです。

また、ストレスがたまると体内に活性酸素が増加します。
活性酸素は、肌の老化を促進しますから、メラニン色素が沈着した細胞が増加し、シミができやすくなります。

ストレスがあるとタバコを吸いたくなりますが、タバコは、活性酸素を増やしたり、血管を収縮させ血行が悪くしますから、肌の老化を促進します。また喫煙により、メラニン色素の生成を抑える働きのあるビタミンCを壊してしまうため、シミができやすくなります。

肝機能低下がシミの原因になります

肝臓や腎臓などの内臓が弱くなるとシミができやすくなります。

肝臓の機能が低下する原因としてアルコールの取りすぎなどがありますが、肝臓は全身の血液の老廃物を取り除いたり、有害物質を解毒して血液を浄化する働きがあります。

肝臓は沈黙の臓器と言われている通り、自覚症状がないことが多い訳ですが、肝機能障害が進行すると全身倦怠感・食欲不振・黄疸などの症状が現れます。

肝臓の機能が低下すると血液の浄化が不十分になりますから、肌の細胞にも老廃物の混じった血液が蓄積する事になります。

その結果、 「肝班(かんぱん)」 と呼ばる特殊なシミができやすくなります。

健康診断を受けていらっしゃる方は目にした事があるかもしれませんが、γ-GTP 肝機能の数値というものを健康診断で検査しますが、γ-GTPは、肝臓、腎臓、すい臓、脾臓、小腸などに含まれている解毒作用に関係している酵素で、アルコールに反応します。

γ-GTPは肝臓や胆管の細胞が死んだときに血液中に流れ出しますから、肝臓や胆管の細胞がどれくらい壊れたかを示す一つの指標となっています。特にアルコール性肝障害や、胆石で胆道が塞がれたときに、この数値は上がりやすくなります。

γ-GTP(正常値)男性…50IU/L単位以下

γ-GTP(正常値)女性…32IU/L単位以下

正常値を下回っていれば問題ありませんが、数値が上回っている場合は、肝臓に負担がかかっていると考えられます。γ-GTPの数値が高くても100以下でしたら、禁酒などお酒・アルコールを控えることで正常値に戻ると考えられます。

肝臓に良い食べ物は、タウリンを含む食べ物。実は、美容にも良い。

肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる働きがあります。タウリンを含む食べ物を摂取するによって胆汁酸の分泌が増え、血液中のコレステロール値も下がります。

ってことは? はい。 実はですね~ タウリンは、美容に良い!

タウリンには、酵素の働きを助ける働きがあります。タウリンはアルコールの分解を早め、肝臓への負担を軽くします。また、タウリンには、腎臓や肝臓の有害ミネラルである毒素を濾過する機能を上げてくれます。

イカ・タコ・カキなどに含まれるタウリンは、肝臓に溜まった中性脂肪を肝臓の外に出してくれますから、肝臓(脂肪肝)を良くする働きがあります。

タウリンが肝臓に入ると、まず肝臓内の中性脂肪を取り除きます。さらに肝臓から脂肪を外に排出する働きをしてくれます。

ん? 中性脂肪を取り除く? 肝臓から脂肪を外に出す?

ってことは? はい。 実はですね~ タウリンは、美容に良い! では、また。