「ハマリの回路」は「やる気の回路」

大脳基底核のひとつの線条体は、尾状核と被殻と側坐核とからなります。

この被殻は淡蒼球とあわせてレンズ核と呼ばれています。

この線条体は、自転車に無意識で乗れるようになったりと、習慣的な行動や、微細な運動調整にかかわります。

つまり、無意識的な行動にかかわるわけです。

その一方で、線条体の腹側は側坐核と呼ばれ、快感にかかわるドーパミン神経系と強くアクセスしています。「アルコール」「ニコチン」「覚せい剤」「コカイン」「モルヒネ」など依存性薬物の作用部位は側坐核です。たばこも、最終的には側坐核でドーパミン分泌を高めます。

つまり、線条体は無意識化した行動の蓄積や制御の場でありながら、快感の場でもあります。

線条体で、「無意識的な行動」と「快感」が結びついているわけです。無意識的な行動と快感が知らない間に結びついているからこそ、「気がつくと○○している」とか「なんとなく○○の方に気がいってしまう」という無意識的な行動が起きやすくなるのです。

この線条体を中核とする回路が「ハマリの回路」です。

同時に、これが「やる気の回路」になります。