英語の勉強をする場所にハマル

場所や状況への依存にもドーパミン神経系がかかわっています。

場所や状況に応じてドーパミン神経系の活性が変化します。

同時にドーパミン神経系の活動を支えるメカニズムも働いてきます。

ドーパミン神経系の刺激がやってくるまで「待てる状態」を生み出す仕組みです。

そこに行くと「ほっとする」。 

そこで勉強を始めると「落ち着く」。

そこが自分の「居場所」だと思える。 

そこだと「集中しやすい」。

ここだと「癒される」。

この状態作りが成功すると、脳の中ではセロトニン神経系が活動し、脳を安定させてくれます。

脳の中でセロトニン神経系が活動し、脳が安定すると次々と興奮的な快感がやってこなくとも、快感を待ち「ハマリ」を続けられるようになります。逆に、この状態が作れないと英語の勉強にハマリ続けることは難しくなります。

場所や状況にハマリ続けることは極めて重要です。

脳に英語の勉強をハメる レッスン05

あなたが英語の勉強をしやすい場所を3つあげて下さい。

あなかたが集中して英語の勉強をしているイメージをしてみましょう。

場所や状況への依存にも、ドーパミン神経系がかかわっています。

場所や状況に応じてドーパミン神経系は活性化されます。

場所や状況にハマることは極めて重要です。