ギャンブル依存症の診断

パチンコ依存症など、ギャンブル依存症の診断にはこのような基準にのっとって行われます。

A.以下のうち5つ(または、それ以上)にあてはまる。

持続的で反復的な不適応的賭博行為。

①賭博にとらわれている。
例・過去の賭博を生き生きと再体験すること。

ハンディをつけること。

次の賭けの計画を立てること。

賭博をするために金銭を得る方法を考えることにとらわれていること。

②興奮を得たいがために、掛け金の額を増やして賭博をしたい欲求がある。

③賭博するのをひかえる、減らす、やめるなどの努力を繰り返したが成功しなかった事がある。

④賭博をするのを減らしたり、やめたりすると落ち着かなくなる。または、イライラする。

⑤問題から逃避する手段として、または不快な気分を解消する手段として賭博をする。
例・無気力、罪悪感、不安、などの不快な気分

⑥賭博ですった後、別の日にそれを取り戻しに賭博をする事が多い。

⑦賭博へののめり込みを隠すために、家族、またはそれ以外の人に嘘をつく。

⑧賭博の資金を得るために、偽造、詐欺、窃盗、横領などの非合法的行為に手を染めた事がある。

⑨賭博のために、重要な人間関係、仕事、教育または職業上の機会を危険にさらし、または失った事がある。

⑩賭博によって引き起こされた絶望的な経済状態を救うために、他人に金を出してくれるように頼る。

B.その賭博行為が、躁病エピソードではうまく説明されない。

上記の5つ以上に当てはまる場合、ギャンブル依存症の疑いがあります。

上記の「賭博」の部分を置き換えて「ゲーム依存」「ネット依存」などの診断に利用する事もできます。