ハマリの裏側にストレスがある

「ギャンブルにハマル」「ネットにハマル」など・・・

ストレスによって「癒し」の快感が増幅され、人間は何かにハマっていくのです。

脳のシステムから見れば、現代のストレス社会が癒しにハマル人々を生み出すのは、当然のことだといえるかもしれません。

逆に英語の勉強にハマリたいなら、日常をストレス化することです。

英語の勉強をしていない状態がストレスであると暗示することです。

もちろん、日常生活が破綻してしまうので、ストレス化はいただけません。

しかし、「英語の勉強をしていない自分」に嫌気のレッテルを張り、「立ち上がって机に向かい英語の勉強をする自分」にプラスのレッテルを張ることは重要です。

ポイントは、長々と嫌気のレッテルを張らないこと。すぐに切り替えることです。

そうしないと日常全体がストレス化し、それこそ真の依存、ワーカホリックとか、勉学依存が生じてしまいます。

脳に英語の勉強をハメる レッスン11

机など英語を勉強する場所に向かう自分をイメージして下さい。

人間はストレスによって「癒し」の快感が増幅され、何かにハマっていくのです。英語の勉強にハマるには、日常をストレス化することです。英語の勉強をしていない状態がストレスを感じると暗示することです。「英語の勉強をしていない自分」に嫌気のレッテルを張り、「机に向かう自分」にプラスのレッテルを張ることが重要です。ポイントは、長々と嫌気のレッテルを張らず、すぐに切り替えることです。