更年期障害

女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが衰えてしまい、女性ホルモンが欠乏した状態で体が安定するまでの時期を指します。普段からホルモンバランスの悪い方、月経不順の方、自律神経失調ぎみの方ほど、更年期の症状が出やすい傾向にあります。頭痛、肩こり、のぼせ、動悸、情緒不安定など、さまざまな症状を伴います。主な症状、原因、予防法、治療法、用いられる漢方薬などををわかりやすくまとめました。

更年期障害とは

更年期障害とは何なのか?  まず、ここからご説明します。

更年期とは、女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが衰えてしまい、女性ホルモンが欠乏した状態で体が安定するまでの時期を指します。普段からホルモンバランスの悪い方、月経不順の方、自律神経失調ぎみの方ほど、更年期の症状が出やすい傾向にあります。

詳細ページ > 更年期障害とは

若年性更年期障害

最近、耳にすることが多くなった、若年性更年期障害

若年性更年期障害とは、その名前の通り、一般的に更年期と呼ばれる40代半ばから50代半ばまでの期間や閉経前後の年齢にあたる女性ではなく、20代、30代といった若い年代の女性が、更年期障害と同じような症状を発症する病気です。

詳細ページ > 若年性更年期障害

どんな自覚症状があるのか

更年期障害の症状として、自律神経失調症様の症状、脈が速くなる(頻脈)、動悸がする、血圧が激しく上下する、腹痛、微熱、そのほか女性の場合はホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、多汗、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、不眠、疲労感、口の渇き、のどのつかえ、息切れ、下痢、便秘、腰痛、しびれ、知覚過敏、関節痛、筋肉痛、性交痛、生理不順などがあります。

詳細ページ > どんな自覚症状があるのか

ストレスが影響します。まじめな人は要注意

更年期障害は、ストレスから起こる自律神経の乱れが大きく影響します。
まじめで几帳面、完璧主義で責任感が強い方、また、人からどう思われているか気になる方、 すぐに人を頼りにしてしまう、こういった方はストレスをためやすく 更年期障害の症状も重くなりがちです。

詳細ページ > ストレスが影響します。まじめな人は要注意

更年期障害に用いられる漢方治療

女性に多い疾患として、生理痛や生理不順などの生理にまつわるトラブル、更年期障害、不妊症などがあります。漢方治療ではこれらを「血の道症」とも呼び、血流やホルモンバランスを整えながら、タイプ別に対応します。西洋医学による更年期障害の治療法も、更年期障害はホルモンの減少によって引き起こされた訳だから、ホルモンを補充しようというものです。

詳細ページ > 更年期障害に用いられる漢方治療