結論を出すのが早い人

ビジネスの要諦は「見切り」にあります。

見切りとは、これまで注ぎ込んできた資金や時間や努力、あるいは手にするであろう利益のいっさいを捨てきること。

継続することに危惧を感じたなら迷わず見切ること。

これが会社も社員も伸びるコツです。

いまやるべきこと、いまやらざるべきこと

たとえば以前、ある会社でこんなことがありました。

技術陣が、医療機器メーカーと共同で、赤外線センサーを使った鼓膜体温計を開発した。

鼓膜は脳に近いため、正確な体温を測ることができる。

画期的な新製品でした。これは売れました。

独占技術ということもあって儲かりました。

ところがその後、この分野に日本最大の家電メーカーなどいろいろな企業が参入してきました。

精度の高さから、鼓膜体温計が主流となった訳です。OMRON 社の鼓膜体温計は、よく目にします。

さて、最初に世に送り出したある会社としては、これらの他企業の参入をどう迎えうつか。

社内で議論した結果、この会社の社長が下した結論は「撤退」でした。

先発メーカーとして技術には自信があり、かつ売れている製品を「見切った」訳です。

それは何故か・・・

需要と価格は反比例の関係にあるからです。

鼓膜体温計が普及すれば、それにつれて価格は当然下がってくる。

電卓がいい例ですが、価格勝負になれば、量産ノウハウと設備を持つメーカーが勝つのは自明の理。

ベンチャー企業として、量産による価格合戦で大手家電メーカーと勝負するのはけっして得策ではない。この社長は、そう判断したのです。

社内の意見としては、いますぐ撤退しなくても、売れているのだからもう少し稼いでからにすべきだという声もありましたが、社長に言わせれば、儲かっているいまだからこそ、あえて撤退すべきなのです。

これが「見切り」です。

かつてバブル期に多くの企業が、土地をころがし、濡れ手で粟の大儲けをしましたが、見切ることができず、結局、バブル崩壊で倒産しました。

会社も社員も、根拠のない「あともう少し」という欲が墓穴を掘ることになります。


スポンサードリンク

 

PAGE NAVI

仕事ができる人の特徴 > 結論を出すのが早い人


仕事ができる人には下記のような共通点があります。

最新の情報

部下を叱らない人

上司の仕事は、まず部下を叱ることかもしれません。 会社という組織は、トップ...

続きを読む »


こんな態度の人は仕事ができる

下記は、こんな態度の人は仕事ができるを紹介した詳細ページです。 部下を叱ら...

続きを読む »


人をほめる人

どこかで聞いたような言葉ですが「他人の不幸は蜜の味」と言います。 卑しいと...

続きを読む »