部下を叱らない人

上司の仕事は、まず部下を叱ることかもしれません。

会社という組織は、トップの方針にしたがい、会社一丸となって働くことで利益を上げるシステムになっています。だから上司は会社の方針や経営理念に反した部下を叱りつけ、矯正する義務を負っている訳です。

だから、「私の考え方はこうなのに、何をしてるんだ」と怒鳴りつける上司がいる訳です。

部下を叱らない人? 上司の力量は叱るエネルギーでわかる

部下に落ち度があっても叱ることができない上司がいます。

自分に自信がないからです。

自分のスタンスを明確にし、それを部下に示す自信がないわけです。

「会社の価値観はこうだ。自分の価値観はこうだ。あなたはそれに反したから私は叱るんだ」と言い切る自信がないわけです。

自分のスタンスを持たない人間が、いい仕事ができるわけがありません。

上司になったこと自体、間違っていると言っていいでしょう。

ただ、部下を叱るときは「叱る基準」を明確にし、日頃の言動でそれを部下に示しておく必要があります。

「叱る基準」が曖昧で、同じ失敗でありながら、このあいだは不問で、今回は急に怒り出したというのでは困ります。

部下が叱られた理由を「上司の虫の居所」のせいにしてしまうからです。

これでは叱る意味がありません。

さらに大事なのは、叱り方です。これを間違えると、あとに恨みが残るだけです。

逆恨みであっても、人から恨みを買うのは、あまりいいことではありません。場合によっては、大きなマイナスです。

では、どう叱るか

王道を説くことです。

「なぜ叱られるのか」ということについて、きちんと説明することです。ほかに方法はありません。

失敗した部下にも「三分の理」はあるので、これを叩きつぶしておかなければ、逆恨みを残してしまいます。

それにしても、人を叱るということは、大変なエネルギーがいるものです。

「あなたを5分叱ることで、あなたは私を2時間も3時間も占有したわけです」「わかっていますか?」
「わたしが何も言わないようになったら終わりです」
「わたしが叱っているのは、あなたに期待しているからです」

叱るというのは、ことほどさように難しく、エネルギーを費やすものです。

しかも、気持ちのいいものではありません。

だから、上司としての力量が問われるわけです。


スポンサードリンク

 

PAGE NAVI

仕事ができる人の特徴 > 部下を叱らない人


仕事ができる人には下記のような共通点があります。

最新の情報

部下を叱らない人

上司の仕事は、まず部下を叱ることかもしれません。 会社という組織は、トップ...

続きを読む »


こんな態度の人は仕事ができる

下記は、こんな態度の人は仕事ができるを紹介した詳細ページです。 部下を叱ら...

続きを読む »


人をほめる人

どこかで聞いたような言葉ですが「他人の不幸は蜜の味」と言います。 卑しいと...

続きを読む »