一度決めたことは最後までやる人

ある分析機器の世界トップメーカーの社員は、良くも悪くも、あきらめの遅い人間が多かった。

この会社の社長とは、正反対でした。

社長は、極端にあきらめの早い人間。これは社長自身も自覚しており、それを得意がっているわけでもなく、これを短所と反省し、自戒し、そして直らぬ性分を嘆いていました。

しかし振り返ってみると、もし自分のあきらめの早さがなかったら、おそらく今日のこの会社はなかったろうと思っていました。自分が創業した会社が企業として、分析機器の世界トップメーカーに成長したのは、まさにこの「短所」を抜きにしては語られない・・・

短所を武器にした社長の方法

社長の夢は原子物理学の研究者になることでした。

高校時代にこれを一生の仕事と決め、あこがれの某大学理学部物理学科に進学を果たすことができました。ところが入学の喜びもつかの間、当時、戦時中であった日本の戦況は日を追って激しさを増し、ついに日本は無条件降伏したのでした。そして終戦から日をおかず、大学の大学の核実験施設は米軍に破壊され、研究の継続は不可能でした。

大学を卒業後も大学に残って研究を続けるという夢は、この時点で大きく狂ったのです。

大学の実験施設は米軍に破壊されてしまった・・・

ならば、自前の研究施設を作ろうと決心したのでした。終戦からわずか2ヵ月後だったそうです。

しかし、小なりといえども会社である以上、維持していかなければならない。

研究を続けていくためにつくった会社でしたが、いつしか金儲け第一の日々になっていました。

さて、この社長の「短所」が顔を出すのは、ここです。

もし社長が信念の人間で、研究のためにつくった会社であるという初志を貫徹していたなら、
この研究所はどうなっていただろう・・・

倒産は必至であり、そうなれば現在は分析機器の世界トップメーカーであるこの会社は存在しない。

多少、強引な理屈ですが、あきらめの早い人間であるという「短所」がプラスに作用しました。

結果オーライと言われそうですが、人生は結果こそすべてです。

一般的にビジネスの世界では「あきらめの早い人」という評価は、「あいつは使えない」と言われているのと同じことです。なぜなら、ビジネスでは、ねばりにねばって成功を勝ち取ることこそ賞賛されます。

「やりました。ダメでした」では、根性のない落ちこぼれ社員というわけです。

たしかに、その通りですが、経営者からしてみると根性のない社員はいらない。

入社してきても、伸びるわけがない。

そんな連中が出世するようでは、その会社に未来はないでしょう。

「あきらめの早い人=ダメ社員」という定説に異議を唱える人はいないでしょう。

ただし、この定説は「いままでは」という注釈をつけるべきです。

なぜなら、日本経済が右肩上がりであった時代は、ねばればなんとかなりました。経済成長というパイがどんどん膨らんでいたわけですから、ねばりの強さは力でした。

ところが、現在はマイナス成長というゾーンに日本経済が入り、価値観が多様化するにつれて、
「仕事ができる人」という定義が大きく変わってくるのは、むしろ自然と言っていいでしょう。

これからは「あきらめが早い」からといって「仕事ができない」とは言い切れなくなってくるのです。

むしろ、「一つのことがダメだったら、すぐ次の手を打つ」といった機転の早さ、発想の豊かさは大きな武器になるはずです。このように、自分の「短所」をプラスに転じ、仕事に活かすことが「仕事ができる人」の大きな条件になってくるでしょう。


スポンサードリンク

 

PAGE NAVI

仕事ができる人の特徴 > 一度決めたことは最後までやる人


仕事ができる人には下記のような共通点があります。

最新の情報

部下を叱らない人

上司の仕事は、まず部下を叱ることかもしれません。 会社という組織は、トップ...

続きを読む »


こんな態度の人は仕事ができる

下記は、こんな態度の人は仕事ができるを紹介した詳細ページです。 部下を叱ら...

続きを読む »


人をほめる人

どこかで聞いたような言葉ですが「他人の不幸は蜜の味」と言います。 卑しいと...

続きを読む »