どんな仕事でもソツなくこなす人

「要領がいい」というのは、ビジネスマンとして最高の資質です。

度が過ぎれば「器用貧乏」ということになりかねませんが、

「なんでもソツなくこなせる」というのは才能のひとつです。

「なんでもソツなくこなせる」という人は、会社にとって欲しい人材です。

ゼネラリストになるべく努力しなければならない。

「ソツなくこなす」という言葉には揶揄のニュアンスがあって、けっしてほめ言葉ではありませんが、どこの会社にもこういった人は必要なはずです。会社側からしてみれば、全社員のうち10~20%には、この能力を期待しているのではないでしょうか。

しかし、「仕事ができる人」との評価を得ようというのであれば、「なんでもソツなくこなせる人」ではなく、ゼネラリストになるべく努力しなければなりません。

人の上に立つには、幅広い能力が要求されるからです。

ただ、ゼネラリストとは、世間で考えられているような意味のものではありません。

一般的にスペシャリストとは「狭く深く」、ゼネラリストは、「広く浅く」といったイメージで解釈されていますが、それは大きな誤解です。ゼネラリストになるには、まず「一芸」に秀でることが大前提です。

つまり、ある分野でスペシャリストになり、そこで得た方法論をほかの分野にも活かして、そこでもスペシャリストになる。

そうしてはじめて「広く深い」本来のゼネラリストになることができるのです。

「一芸」に秀でるということは、英語も国語のテストも「0点」だが、数学だけは「100点」を取ることができる、といったようなことです。全科目の平均点は低くても、一科目は「100点」を取れるといった人は、努力を継続しさえすれば、ほかの科目でも必ず「100点」を取ることができるはずです。

つまり、ゼネラリストになれるのです。

それに対して、全科目とも「60点」か「70点」は必ず取れるが「100点」を取れる科目がない、つまり「一芸」に秀でていない人は、残念ながら、ゼネラリストはおろか、スペシャリストになることも難しいということになります。

仕事もこれと同じです。

「広く浅く」食い散らかすのではなく、まず「一芸」に全力投球することが大切です。

あれもこれもと最初からなんでもこなせる人は、一見、仕事ができる人のように見えますが、「平均点」どまりで終わってしまうことが多いようです。


スポンサードリンク

 

PAGE NAVI

仕事ができる人の特徴 > どんな仕事でもソツなくこなす人


仕事ができる人には下記のような共通点があります。

最新の情報

部下を叱らない人

上司の仕事は、まず部下を叱ることかもしれません。 会社という組織は、トップ...

続きを読む »


こんな態度の人は仕事ができる

下記は、こんな態度の人は仕事ができるを紹介した詳細ページです。 部下を叱ら...

続きを読む »


人をほめる人

どこかで聞いたような言葉ですが「他人の不幸は蜜の味」と言います。 卑しいと...

続きを読む »