熱しやすく冷めやすい人

人間、努力をして仕事をするのは間違えです。

なぜなら、仕事で努力するようでは天職と言えないからです。

遊んでいるときを思い出してください。

「今、俺は努力して居酒屋でビールジョッキを傾けているんだ」

という人間は、1人も居ないはずです。



熱しやすく冷めやすい人。ビールを飲む感覚で仕事をしてみよう

「努力」とは「義務」の裏返しです。

だから、仕事ができる人は努力をしない。

仕事に没頭し、楽しんでやっているから、努力などする必要がないのです。

逆説のようですが、本来、仕事とはそうあるべきものです。

今の仕事に熱中できず、自分の尻を叩いている状態であれば、取るべき道は3つです。

会社を辞めるか・・・

意識改革をして熱中できるなにかを仕事に見いだすか・・・

惰性でこのまま続けていくか・・・です。

どれを選択するかは、各人の人生観によりますが、第三の道は本人にとっても会社にとっても悲劇であることにちがいありません。

逆に、熱中する対象がコロコロ変わる人は、飽きっぽいと言われますが、それでいいのです。

コロコロ変わろうとどうしようと、一つのことに熱中できるということ自体がすばらしいのです。

熱しやすく冷めやすい人。

熱中できる人間は、天職に巡りあったときにすばらしい力を発揮します。

仕事ができる人には下記のような特徴もあります。