この努力をする人は仕事ができる。

下記は、「この努力をする人は仕事ができる」をご紹介した詳細ページです。

目上の人とつきあう人

一流になりたかったら、一流の人間とつきあうことです。

これが伸びていくための鉄則です。ただし、それは自分を引き上げてもらうことを目的とするものではありません・・・

詳細ページ > 目上の人とつきあう人

誰よりも早く出社する人

サラリーマンの出勤時間といえば、朝8:30の会社が多いはずです。
だから、朝8:30に間に合うように出社すればいい。
当たり前のことです。
もちろん、早朝出社したいという人は、そうすればよい。
肝心なのは、なんのために朝一番で出社するのか、ということです。

詳細ページ > 誰よりも早く出社する人

縁の下の力持ちの人

縁の下にいる社員は、結局、縁の下にいるままで終わります。

それがどんなに重要なポジションであっても、縁の下にいたのでは、
日の目をけっして見ることがないのです。

詳細ページ > 縁の下の力持ちの人

人脈づくりに飛びまわっている人

どこのパーティー会場でも、分厚くふくらんだ名刺入れを持って名刺交換に飛びまわっている人がいます。後日、会社で、交換した名刺を同僚などに見せびらかしながら、自分は○○建設のA専務を知っているとか、○○商事のB部長を知っているとか、人脈の広さを自慢するためでしょう。

これは、一般社員だけのことではありません。

詳細ページ > 人脈づくりに飛びまわっている人

情報収集に熱心な人

タダで情報をもらおうとする人は、ある意味「情報泥棒」と呼べます。

情報には値札こそ付いていませんが、良い情報をビジネスで活かせば富を生む「お金の素」です。だから、お金を使いもせずに情報を集めようとしている人は「情報泥棒」と呼べるという理屈になります。極論かもしれませんが、泥棒が社内で伸びるようでは世も末であるかもしれません。

詳細ページ > 情報収集に熱心な人