誰よりも早く出社する人

サラリーマンの出勤時間といえば、朝8:30の会社が多いはずです。

だから、朝8:30に間に合うように出社すればいい。

当たり前のことです。

もちろん、早朝出社したいという人は、そうすればよい。

肝心なのは、なんのために朝一番で出社するのか、ということです。



誰よりも早く出社する人が良いのか? 一日単位ではなく時間単位で仕事をする。

朝早く出社する人のなかで、早朝は社内も静かで仕事の能率が上がるというならそれもいいでしょう。

あるいは、みんなが出社してくる前に片付けたい仕事があるとか、午前中に行われる会議のための資料を用意するということかもしれません。

いずれにせよ、早朝に出社するだけの理由があるはずです。

用事もないのに、誰よりも早く出社し、誰よりも遅く退社することを誇りにしているとしたら、それは無駄な努力というもので、無駄な努力をする人が、仕事のできる人のはずがありません。

始業時間・終業時間が決まっているのなら、それに合わせて仕事をするべきです。

ただ、朝一番で出社する社員は、たしかに「会社に貢献しています」といったイメージはあります。

それは、否定しません。

朝一番で出社する社員は、始業時間ぎりぎりで駆け込んでくる社員よりは、はるかに評価できますが、それだけのことです。

会社にとって必要な社員は、いかに早く出社するかではなく、いかにいい仕事をしてくれるか、なのです。

この本質をはきちがえるような人は、どんなに努力して、誰よりも早く出社したとしても、仕事ができる人には絶対になれません。

いま勤務形態は、通信ネットワークの発達により、通勤から在宅勤務へ大きく変わろうとしています。

また、フレックスタイムの導入で、早く出社することをもって、会社に貢献しているかのようなパフォーマンスは、次第に通用しなくなります。

これからは、本業勝負の時代であり、いかに有効に時間を使うかで、仕事ができるかどうかが決まるでしょう。

なぜなら、一日24時間という「時間」が全社員共通である以上、時間当たりの生産性が勝負になってくるからです。