人脈づくりに飛びまわっている人

どこのパーティー会場でも、分厚くふくらんだ名刺入れを持って名刺交換に飛びまわっている人がいます。後日、会社で、交換した名刺を同僚などに見せびらかしながら、自分は○○建設のA専務を知っているとか、○○商事のB部長を知っているとか、人脈の広さを自慢するためでしょう。

これは、一般社員だけのことではありません。

経営者のなかにも、「この前、○○大臣に会ったんだけど・・・」などと、必要もないのに政治家の名詞を吹聴する人は少なくありません。実際は、その他大勢の1人としてパーティーに参加しただけでも、「この前、○○大臣に会った・・・」ということにしてしまうのです。

結論から言えば、このような名刺入れを持って名刺交換に飛びまわっている人、「面会型人脈づくり」に腐心する人は、人脈を仕事に活かすことはできないと思って間違いありません。

だいたい、パーティー会場で名刺交換に飛び歩くような人は、人脈というものをはきちがえています。



人脈づくりに飛びまわっている人。豊かな人脈を持っている人に共通する魅力

人脈は腐心してつくるものではなく、相手が寄ってきてできるものです。

「彼と話していたら楽しい」とか、「変なヤツだが、仲間にしておかなければ損だ」など、理由はさまざまですが、その人間の魅力や能力に対して人が集まってきます。

その輪を人脈と呼ぶのです。

人脈がビジネスに活かされる以上、利害が絡むことが多い。

お互いのメリットがあると思うから、「脈」としてつながってくるのです。

自分も相手を選ぶが、相手も自分を値踏みするということでもあります。

要するに、相手から見て、つきあってメリットのある人間だと評価される魅力が不可欠です。

名刺交換をしたからといって人脈になると思ったら大間違いで、

それは単に「会ったことがある人」にすぎないからです。

すばらしい人脈をつくりたければ、まず自分がすばらしい人間になるよう努力することです。

自分を磨き、人間的魅力で他人にインパクトを与えられるような人間になれば、

自然と人が集まり、人脈はひとりでに広がっていくはずです。