人の視線を気にしている人

ビジネスマンは、会社という「舞台」で演じる「俳優」と言えます。

他人の視線と評価はおおいに気にするべきです。

舞台上の俳優が観客の反応を意識しながら演じるように、仕事ができる人は常に周囲の反応に気を配っているものです。

経営者は「監督」です。

俳優をいかに上手に演じさせて、利益を勝ち取るかを考えます。

あなたは舞台で演じる名優になれるか・・・

舞台は、舞台・俳優・監督の三拍子がそろって、すばらしい作品が誕生します。

会社は、会社・社員・経営者の三拍子がそろって、ビジネスができます。

人の視線を気にしていると言っても、必要以上に他人の視線を気にするのはマイナスです。

ちょっとした失敗に悩んではダメ。

例えば、「きっと上司は自分のことを無能だと思っているに違いない・・・」などと、ちょっとした失敗で悩んでしまう神経質な人は、名優には向きません。

自滅してしまうからです。

周囲の視線や評価も大切ですが、自分が劇中の人物になりきれば、そこには失敗は存在しません。

監督の描いている人物になりきれるかが勝負です。

そして、名優であれば、監督の予想を超えた演技をするものです。

すばらしい作品がこうして誕生するように、仕事ができる人は常に周囲の反応に気を配っています。



スポンサーリンク







スポンサーリンク