わからないことは何でも質問する人

指示された事を、指示された通りにやるのは、アルバイトでもできます。

指示された事にプラスアルファの付加価値を付けて成果を上げる。

このプラスアルファに上司は期待し、プラスアルファが大きい社員が「仕事ができる人」です。

上司があえて手短に指示を出す理由

反対の例になりますが、社員で最悪なのは「指示待ち族」です。

例えは悪いですが「指示待ち族」は、エサを与えられるのを待っている犬のようなもので、いまかいまかと飼い主の顔をじっと見ている。冗談ではない。

何を成すべきか自分で考え、行動してはじめて一人前の社員です。

仕事ができる上司は、社員にはゴールだけを支持する。

「こういうものが開発できないか」

「この製品を売りたい」

「企業イメージを上げるための展示会をやれ」

と、手短に指示を伝える。

上司が与えたゴールにどういうルートで到達するかが、社員の腕の見せどころです。

最短ルートで到達するのか、うろうろ迷うのか、あるいは予期した以上の成果を上げるのか、社員の能力はそこでだいたいわかります。

ところが、上司が与えたゴールに対して、細かく質問してくる社員がいる。

「予算はいくらぐらい出るのでしょうか」

「いつまでにやればいいですか」

「スタッフは何人ぐらい用意していただけますか」

こういう人は、ハッキリ言って使えない。絶対に伸びないと言ってよい。

話しは逆なんです。

まず自分で考え、その結論として

「予算はこれくらいかかります。完成まで三ヶ月かかります。スタッフは5人必要です。なぜならば・・・」

と、上司に要求してくるべきものなのです。

「どうしたらいいですか」と、いちいち指示を求めてくる社員、あるいは、わからないことがあったら、すぐに人に聞くような社員の心理は、一つには能力の欠如、もう一つは責任回避があります。

指示にしたがって行動すれば、失敗しても上司の責任というわけです。

こんな人にいい仕事ができる訳がありませんし、こんな人ばかり居る会社に将来はないでしょう。


スポンサードリンク

 

PAGE NAVI

仕事ができる人の特徴 > わからないことは何でも質問する人


仕事ができる人には下記のような共通点があります。

最新の情報

部下を叱らない人

上司の仕事は、まず部下を叱ることかもしれません。 会社という組織は、トップ...

続きを読む »


こんな態度の人は仕事ができる

下記は、こんな態度の人は仕事ができるを紹介した詳細ページです。 部下を叱ら...

続きを読む »


人をほめる人

どこかで聞いたような言葉ですが「他人の不幸は蜜の味」と言います。 卑しいと...

続きを読む »