不平不満をよく口にする人

世の中、腹をかかえて笑うような楽しいことはそうあるものではありません。

会社勤めの毎日がバラ色だとしたら、自分の仕事ぶりを疑ってかかったほうがいいでしょう。

上司や同僚、後輩と日々、真剣勝負をしているのであれば、思いどおりにならないのが当然だからです。だから愚痴が常についてまわり、ストレスに見まわれるわけです。

ただ、これだけは言えます・・・

成功した人間に愚痴の多い者はいない。

愚痴の多い人間は、例外なく仕事ができない。

愚痴が多いのは、成功していない、評価されていないことへの不満が表れているだけだからです。

ここで考えるべきは、評価されていないから愚痴になるのか、愚痴をこぼすような社員だから評価されないのか、ということです。

「ニワトリが先か、卵が先か」の話のようですが、後者です。

愚痴をこぼすような人間だから評価されないのです。

そのよう人は、愚痴をこぼすことが趣味になってしまっている場合があります。

上司に見る目がない・・・

給料が安い・・・

不景気だから・・・

などと愚痴をこぼしていては、現実を甘受する謙虚さもなければ、建設的な反省もありません。

誰でも不満があります。

奥さんに愚痴をこぼして気分がスッキリするのならそれもいいでしょう。

酒を飲んでウサが晴れるのであればそれもよし。

しかし、不満や愚痴の根になにがあるかを考えて、それを解決しない限り、同じことの繰り返しです。

最近は、社会全体がストレスというものに対して過剰反応しすぎる風潮があります。

ストレスが諸悪の根元であり、それをいかに解消するかがビジネスマンの大きな関心事となっています。

ストレスを解消できなければ、落ちこぼれと言わんばかりです。

確かにストレスの影響は大きいでしょう。

では、なぜストレスがたまるのでしょうか?

解消法という対症療法ではなく、ストレスがたまる根本原因を考える必要があります。

人間は遊びではストレスがたまりません。

好きでやっていることにストレスは無縁です。

ならば、仕事も好きになればストレスがたまらないみとになります。

そして、好きこそものの上手なれで、ストレスがたまらないだけでなく、仕事のレベルもアップします。

一石二鳥です。

結局のところ、自分の仕事にどれだけ「おもしろおかしさ」を発見できるかがポイントです。


スポンサードリンク

 

PAGE NAVI

仕事ができる人の特徴 > 不平不満をよく口にする人


仕事ができる人には下記のような共通点があります。

最新の情報

部下を叱らない人

上司の仕事は、まず部下を叱ることかもしれません。 会社という組織は、トップ...

続きを読む »


こんな態度の人は仕事ができる

下記は、こんな態度の人は仕事ができるを紹介した詳細ページです。 部下を叱ら...

続きを読む »


人をほめる人

どこかで聞いたような言葉ですが「他人の不幸は蜜の味」と言います。 卑しいと...

続きを読む »