自分の欠点を直そうとする人

人間、30歳を過ぎたら、性格はなかなか変えられません。

たとえば「あきらめの早い人」は、どんなに努力しても「ねばり強い人」に変身することは不可能に近いでしょう。

真面目な人ほど欠点を直そうと努力するものですが、変わらないものを変えようと努力するのは愚かなことで、そんなことに時間を費やしていたのでは、いい仕事などできるわけがありません。

欠点・短所は放っておいてよいのか?

ズバリ それでよいのです。

そのかわり、それをプラスにして伸ばすよう努力すればよいのです。

短所と長所は表裏の関係にあるため、「あきらめの早い人」ということは、「気分転換が早い」ということでもあります。気分転換が早ければ、失敗も尾を引かず、一つのことに固執しないで柔軟な発想や、対応をすることができるわけです。

つまり、これは長所なのです。

「短所は放っておけ」という言葉に対して首をかしげる人がいたら、それは、欠点は必ず克服しなければならないとする「世間の常識」にとらわれた気の毒な人です。

短所と長所は正邪の関係ではなく、両立するものです。

つまり、「あきらめの早い人」と「ねばり強さ」は、どちらがいいといったものではなく、それぞれの状況、個々人の性格に応じて「長所」とすることができるのです。

そしてこの柔軟性こそ「仕事ができる人」の大事な要素です。


スポンサードリンク

 

PAGE NAVI

仕事ができる人の特徴 > 自分の欠点を直そうとする人


仕事ができる人には下記のような共通点があります。

最新の情報

部下を叱らない人

上司の仕事は、まず部下を叱ることかもしれません。 会社という組織は、トップ...

続きを読む »


こんな態度の人は仕事ができる

下記は、こんな態度の人は仕事ができるを紹介した詳細ページです。 部下を叱ら...

続きを読む »


人をほめる人

どこかで聞いたような言葉ですが「他人の不幸は蜜の味」と言います。 卑しいと...

続きを読む »