仕事ができない営業マンはプライベートを優先してしまうという共通点があります。

言わずとも誰でも分かりそうな事ですが、自己管理ができていない営業マンともう一つ基本的なことになりますが、仕事よりもプライベートを優先してしまう人も売れない営業マンの特徴です。自己管理ができていない人とも言えます。

一例として、PTA活動に燃えている人。

社会的には、とても良い人でありますが、「PTA活動が落ち着いてから仕事をする」という考え方ですと、この人にとっては仕事よりPTA活動が大切であるということです。

営業マンはある程度の時間のやり繰りは簡単とお思いでしょうが、自分の好きなことをしながら働けるのが、営業の魅力だと勘違いしてしまっているのが売れない営業マンの共通点です。



高収入の営業マンを目指すには、仕事が優先、プライベートは後回しと割り切る必要があります。

外側から見ると営業マンは「自由に時間を選んで仕事ができる」という業種に見えるかもしれません。実際、会社の規則などは異業種と比べて緩いため、そういう面もあります。

しかし、規則が緩いからこそ、自分自身を厳しく律する必要があります。

「仕事だけが人生ではない」い言う人もいます。

それも一つの価値観ですから誰も否定はできません。しかし、そういう取り組み方で高収入を得ている人を知りません。自分の考え方も大切ですが、仕事を通じて託されているお客様の人生が何よりも大切です。

そう思えなければ、お客様に信頼されませんし、つまり業績も上がらないのです。