仕事ができない人には「3年で諦めてしまう」という共通点があります。


仕事ができない人、営業成績が伸び悩んでいる人や、これから営業マンとしてスタートする人が、どれくらいの期間で優秀な結果を残せるようになるかはさまざまです。

ただ、優秀な結果を残せるには個人差があったとしても、3年で目標を達成させることを一つの目標として取り組んでいく必要があります。つまり、仕事ができない人は、この3年が我慢できないということです。

例えばサラリーマンから転職し、保険の営業マンとなっても仕事ができない人だと1年目で貯蓄が減り、2年目で底をつき、3年目で収入が最低レベルになるという流れの中で、どこかで諦め、辞めてしまうのです。

3年という期間が長いと感じる人がいるかもしれません。

しかし、税理士や弁護士も独り立ちするまでには3年程かかると言われています。料理人でも包丁を握らせてもらえるまでは3年ぐらいはかかるでしょう。



仕事ができない人でも本気でやるなら、3年は続けると覚悟を決める必要があります。

現在、営業マンとして働いていて今まで何年かのキャリアがあったとしても、売れていなかったのであれば、今日から3年は続ける覚悟が必要です。

仮にキャリアが数年あったとしても、売れなかった時期はカウントしません。

売れるために正しく努力を始めたときがスタートということです。

何故3年かと言うと、税理士や弁護士、料理人でも誰でも仕事の本質がわかってくる頃がだいたい3年経った頃だからです。営業マンは丁度そのころに自分の客様が豊かになったと全体像が見えてくるからです。

「石の上にも3年」とよくいいますが、それくらいやらないと大事なことは見えてきません。

売れるために正しく努力を始めたときがスタート地点です。

スタートしますと、ほぼ間違いなく新たなお客様の獲得に追われます。数度を追うようになります。でもその中でなかなか仕事の本質や魅力は見えてきません。お客様の方を向いているようで、実は自分の成績に目が向いてしまいます。

でも、その期間をがむしゃらになって駆け抜けていくと、ようやくお客様のニーズが見えてくるようになります。自分が提案した商品によってお客様が豊かになってきたり、守られたりすることを実感できるようになってきます。

「3年かかるものだ」ということが実感できるようになります。

サラリーマンから転職して営業の仕事を初めたら、1年目で貯蓄が減り、2年目で底をつき、3年目で収入が最低レベルになるという流れになってきたとしても「3年は続ける」と覚悟を決める必要があります。

もしかしたら収入が0円でも、自分に向いていない仕事だと思っても、最悪の場合は家を売ってでも仕事を続ける覚悟を決める。この言い方は極端だったかもしれませんが、覚悟を決めて取り組んでいくと、この方法が自分には合うのではないだろうか、こうしたほうが良いのではないだろうか、といった自分なりの営業方法が見えてきます。

だいたい3年経ったころです。

重要なのは、そこまで歯を食いしばっていける覚悟があるかどうかです。