「 脳のメカニズム「ハマリ」と「集中力」の関係 」一覧

個人差はありますが、ご紹介しております方法を用いると脳が勝手に活性化され「勉強アタマ」になりますから、強い集中力・記憶力・ヤル気・勝負力が得られるようになります。嘘のような本当の話です。

2つの快感を知る

2つの快感を知る

さて、「脳科学を使った英語の勉強法」をご覧頂いている皆様にイメージして頂きたいのは、2つの「快感」です。 その1つ目は、「わくわくする」と「どきどきする」などの興奮的な快感です。 普通...

記事を読む

快感を待てる心を作る

快感を待てる心を作る

「わくわく」「ドキドキ」の快と、 「落ち着く」「癒される」快、 この組み合わせが大切です。 この2つの快の支え合いが「ハマリ」の奥底にあります。 例えばジェットコースターに...

記事を読む

英語の勉強をする場所にハマル

英語の勉強をする場所にハマル

場所や状況への依存にもドーパミン神経系がかかわっています。 場所や状況に応じてドーパミン神経系の活性が変化します。 同時にドーパミン神経系の活動を支えるメカニズムも働いてきます。 ...

記事を読む



英語の勉強で依存せずにハマル為に

英語の勉強で依存せずにハマル為に

人間は食事をとった後に、過度の糖質を摂取すると側坐核が活性化します。 食後に美味しいデザートを食べる事は、側坐核で覚せい剤などの薬物を摂取したのと同じレベルのドーパミンが分泌されます。 ...

記事を読む

脳科学を応用し英語の勉強ができるアタマを作る

脳科学を応用し英語の勉強ができるアタマを作る

当サイト「脳科学を応用した英語の勉強法」の主な目的は、 「ハマリの回路」と「やる気の回路」を利用して英語の勉強をアタマにハメます。 脳科学に基づいた「英語の勉強をハメる」ためのトレーニ...

記事を読む