「 脳科学を応用した英語の勉強法 」一覧

魚群リーチの脳をイメージする

魚群リーチの脳をイメージする

全国のパチンコ店で巨大なシェアを占めている三洋物産の海物語シリーズの中で、大当たりする確立が高いリーチで「魚群リーチ」「サム・リーチ」があります。 海物語シリーズでパチンコをして「魚群リーチ...

記事を読む

快の30分イベントを考えてみよう

快の30分イベントを考えてみよう

最近は甘デジと呼ばれる「大当り確立が100分の1以下程度」のパチンコ台も多数存在しますが、通常のパチンコ台の大当たり確立は300分の1~400分の1ぐらいの大当たり確立なので、そう簡単には大当たり...

記事を読む

定番動作で英語を脳にハメル

定番動作で英語を脳にハメル

ドーパミンが結びついて快感を生み出すことに、側坐核という神経核が深くかかわります。 ここにドーパミン神経系・A10神経系がアクセスします。 この側坐核は「線条体」の下側に位置します。 ...

記事を読む



ヤル気と結びつく「行動」「動作」

ヤル気と結びつく「行動」「動作」

英語の勉強からそれた例えになりますが、「ダイエット」の実現には、「入りのカロリーを減らすこと」と「消費カロリーを増やすこと」と、さらに筋量増加によって「基礎代謝を増やすこと」が必須なのは言うまでも...

記事を読む

パチンコ常連さんほど脳が鎮静化している

パチンコ常連さんほど脳が鎮静化している

パチンコ店といえば、店内のBGMとパチンコ台の音が大音量です。 パチンコをしている人の脳は、興奮状態にあると思われがちです。 しかし、実際に脳活動を調べてみると、むしろ鎮静化しているこ...

記事を読む

パチンコを例に快感の推移をイメージ

パチンコを例に快感の推移をイメージ

パチンコ人口は減少傾向にあるとはいえ千数百万人。 20~30兆円産業といわれる巨大産業でパチンコ台も様々な機種が存在します。 そこで、全国のパチンコ店で巨大なシェアを占めている三洋物産...

記事を読む