ユーザー車検の手順を動画で詳しくご紹介

自動車の車検はディーラーや整備工場に任せるのが当たり前でしたが、現在では規制緩和の影響もあり個人で自動車を検査場に持ち込み車検を受けるユーザー車検が増えています。

このページでは、ユーザー車検の手順を動画を使って分かりやすく、簡単にご紹介いたしております。これからユーザー車検を受けてみようという方は、参考にしてみて下さい。

手順①外観検査から排気ガス検査、車検証記載内容との同一性を確認

上記の動画では、外観検査から排気ガス検査、車検証に記載されている内容との同一性を確認までを解説しています。ホイールキャップが付いている車は、事前に外してから検査を受けます。

手順②テスタによる検査を受ける手順

上記の動画では、サイドスリップ検査、スピードメータ検査、ヘッドライト検査、ブレーキ検査までを解説しています。意外と簡単なんです。

手順③下廻り検査

上記の動画では、下廻り検査から総合判定までを解説しています。総合判定で合格のスタンプを押してもらえればユーザー車検の検査そのものは終了します。

ユーザー車検って、意外と簡単だと思いませんか?


スポンサードリンク


PAGE NAVI

PIATA-JAPAN > ユーザー車検 > ユーザー車検の手順を動画で詳しくご紹介


PIATA-JAPAN > ユーザー車検 > 下記の記事もご覧下さい。


  • SEOブログパーツ



法定費用の計算プログラム

自動車重量税
車検証に記載の「車両重量」をクリック。





自動車重量税は

検査手数料
車検証の「自動車の種別」をクリック。



検査手数料は

自賠責保険(沖縄および離島を除く)

車検が切れる前に受ける場合(24ヶ月)

車検が切れた車を受ける場合(25ヶ月)


自賠責保険は

をクリックして下さい。

法定費用は

最新の情報

ホンダ・バモスの車検費用は 36,570円

ホンダ・バモスの車検は、 ユーザー車検なら 36,570円 この車検費用...

続きを読む »