車検の種類

車検の正式名称は「自動車継続検査」です。

車検は、公道を走る車が2年に一度、日本の法令で定められた基準に適合しているかを検査し、法令にしたがい継続して乗ることが許される車かを検査するものです。新車の場合、初回車検は3年目です。

車検の時期が近づくと、車を買い替えるか、廃車にしてしまうか、売ってしまうか、誰でも一度は考えます。

車高調を組んであるドレスアップカーなどは、車検を通すか売ってしまうか、車検が近づくと考えますが、その前に、CPSドレスアップカー高額査定!のホームページで、査定してみるのがおすすめです。社外パーツが付いたチューニングカー、社外エアロ・社外足回りやその他社外パーツをCPSではプラス査定になり、もちろん全国どこでも査定は無料です。

また、アメ車査定ならアメ車専門買取.comがおすすめです。もちろん全国どこでも査定は無料。

実際に車を買い取ってもらわなくても査定は無料ですから、車検の前に自分の車にいくらの値が付くのか確かめておくのも良いのではないでしょうか。

下記は、ユーザー車検を含めた、車検の受け方の種類です。

自動車ディーラー等の指定整備工場で車検を受ける

自動車ディーラーは、自社で指定整備工場を持っています。指定整備工場とは車検の検査場と同様な検査設備のある工場の事を言い、指定整備工場には検査員がいます。検査員が検査する事により、検査場に車を持ち込まなくても指定整備工場内で検査をすることが可能で、検査場には書類の提出で済みます。また、エンジンルームや下回りの洗浄なども行われる場合があります。点検・整備費用の他に洗浄などの工賃、検査設備設置の費用など、その他もろもろが料金に入る為に、車検の費用が高くなる傾向がありますが、ディーラーの誰々を知っているから安心とか、ディーラーにすべて任せているからと、自動車ディーラーに車検を依頼する人は沢山いらっしゃいます。

一般整備工場などの認証整備工場で車検を受ける

ディーラーではない、ご近所の車屋さん。○○モータースや○○自動車整備工場の事ですが、一般整備工場などの認証整備工場とは国から認証された工場の事を言います。自動車販売店も併設された工場は認証整備工場になり、別途、検査の出来る指定整備工場を所有しています。認証整備工場では、点検・整備は行えますが検査はできませんので、点検・整備終了後に検査場に自動車を持ち込むことになります。工場の各設備などの設置・維持費用はありますが、指定整備工場のように検査設備の設置費用、維持費用が必要ない分、指定整備工場よりも安上がりになる場合があります。

ユーザー車検代行業者に依頼する

ユーザー車検代行業者は、認証整備工場などできちんと車検を行う業者と、点検や整備をしないで直接、検査場へ持ち込む業者があります。基本的にユーザー車検代行業者は、点検・整備は自動車のユーザー自身が行い、検査場への持込や書類の作成のみの代行です。点検・整備の費用が省かれますので料金は安くなります。最近は、点検・整備もセットで出来るユーザー車検代行がほとんどで、点検・整備もセットで依頼すると、認証整備工場での車検とほぼ同等の料金になります。

ユーザー車検

点検・整備も自動車のユーザー自身が行い、必要書類を作成し、検査場に自分で自動車を持ち込み、検査ラインで検査を受けます。どの車種の車検でも必要な法定費用(自賠責保険料、自動車重量税)以外に必要な費用は、検査手数料だけですから車検にかかる費用は、かなり安くなります。

実際の車検費用の詳細は、ユーザー車検の費用のページをご覧下さい。


スポンサードリンク


PAGE NAVI

PIATA-JAPAN > ユーザー車検 > 車検の種類


PIATA-JAPAN > ユーザー車検 > 下記の記事もご覧下さい。


  • SEOブログパーツ



法定費用の計算プログラム

自動車重量税
車検証に記載の「車両重量」をクリック。





自動車重量税は

検査手数料
車検証の「自動車の種別」をクリック。



検査手数料は

自賠責保険(沖縄および離島を除く)

車検が切れる前に受ける場合(24ヶ月)

車検が切れた車を受ける場合(25ヶ月)


自賠責保険は

をクリックして下さい。

法定費用は

最新の情報

ホンダ・バモスの車検費用は 36,570円

ホンダ・バモスの車検は、 ユーザー車検なら 36,570円 この車検費用...

続きを読む »