脳科学を応用した「三日坊主対処法」

脳科学を応用した「三日坊主対処法」

「なぜ、いつも勉強が三日坊主なんだろう・・・」 では、どうすればいいのか? まず確認しておきたいことは、勉強が三日坊主なのは決してダメではないということです。 たとえば、英語の勉強が...

記事を読む

脳科学を応用して「三日坊主」を仕切りなおす

脳科学を応用して「三日坊主」を仕切りなおす

勉強が三日坊主は三日坊主でしかたないので、仕切りなおして、また始める。 4日目に始めてもいい。 1日休んで、5日目にはじめてもいい。 もっと後で始めてもいい。 とにかく三...

記事を読む

「三日坊主」はしかたがない。脳科学を応用して成功させよう

「三日坊主」はしかたがない。脳科学を応用して成功させよう

「なぜ、勉強が続かないんだろう・・・」 「なぜ、勉強しても三日坊主ばかりなんだろう・・・」 「勉強にもっと集中できればいいのに・・・」 そう思っている方は多いと思います。 ...

記事を読む

脳科学を使って「集中の儀式」を探そう!

脳科学を使って「集中の儀式」を探そう!

仕事や勉強の為に、科学的根拠のある 「集中の儀式」を探してみましょう。 行動つきの儀式、言葉、さまざまなものが仕事や勉強の 「入りの儀式」になります。 あなたに合った「入りの儀...

記事を読む

脳科学を応用し「言葉の力」を使う集中法

脳科学を応用し「言葉の力」を使う集中法

「机を拭く」「鼻耳チェンジ」「百マス計算」など、そうした連続的な行為で、 自分を「待てる」状態にし、集中していくのはいい方法です。 古い脳である大脳基底核の線条体は、脊椎動物ならほぼ...

記事を読む

脳科学を応用し「暗示語」を使って集中する

脳科学を応用し「暗示語」を使って集中する

「暗示語」を使って集中しようとする場合、ポイントとなにるのは「そうなろうとしないこと」です。 たとえば自律訓練法では、腕を重くしようとか、手のひらを温かくしようとか、意識的にそうしようとす...

記事を読む

脳科学的な「入りの儀式」は癒しの儀式

脳科学的な「入りの儀式」は癒しの儀式

「入りの儀式」としてある行為がパターン化すれば、その行為で脳は鎮静化しやすくなります。 一見、脳を活性化させそうな行為でも、儀式化すれば癒しの行為になるのです。 「右手で鼻をつまんで...

記事を読む

脳科学を応用した「儀式」には心を込める

脳科学を応用した「儀式」には心を込める

人間の脳は「心を込めた」方が前頭葉が活性化することが実験で分かっています。 机の上を拭くときでも、心を込めた方が活性化します。 これは何にでもあてはまることが分かっています。 ...

記事を読む

脳科学を応用し魚群リーチの脳をイメージする

脳科学を応用し魚群リーチの脳をイメージする

全国のパチンコ店で巨大なシェアを占めている三洋物産の海物語シリーズの中で、大当たりする確立が高いリーチで「魚群リーチ」「サム・リーチ」があります。 海物語シリーズでパチンコをして「魚群リー...

記事を読む

脳科学を応用して「快の30分イベント」を考えてみよう

脳科学を応用して「快の30分イベント」を考えてみよう

最近は甘デジと呼ばれる「大当り確立が100分の1以下程度」のパチンコ台も多数存在しますが、通常のパチンコ台の大当たり確立は300分の1~400分の1ぐらいの大当たり確立なので、そう簡単には大当た...

記事を読む