脳科学を応用し「定番動作」で脳をハメル

脳科学を応用し「定番動作」で脳をハメル

ドーパミンが結びついて快感を生み出すことに、側坐核という神経核が深くかかわります。 ここにドーパミン神経系・A10神経系がアクセスします。 この側坐核は「線条体」の下側に位置します。...

記事を読む

脳科学の応用でヤル気と結びつく「行動」「動作」

脳科学の応用でヤル気と結びつく「行動」「動作」

脳科学から少しそれた例えになりますが、「ダイエット」の実現には、「入りのカロリーを減らすこと」と「消費カロリーを増やすこと」と、さらに筋量増加によって「基礎代謝を増やすこと」が必須なのは言うまで...

記事を読む

脳科学で判明「パチンコ常連さん」ほど脳が鎮静化している

脳科学で判明「パチンコ常連さん」ほど脳が鎮静化している

パチンコ店といえば、店内のBGMとパチンコ台の音が大音量です。 パチンコをしている人の脳は、興奮状態にあると思われがちです。 しかし、実際に脳活動を調べてみると、むしろ鎮静化している...

記事を読む

脳科学的にパチンコを例に快感の推移をイメージ

脳科学的にパチンコを例に快感の推移をイメージ

パチンコ人口は減少傾向にあるとはいえ千数百万人。 20~30兆円産業といわれる巨大産業でパチンコ台も様々な機種が存在します。 そこで、全国のパチンコ店で巨大なシェアを占めている三洋物...

記事を読む

脳科学で分かった「ハマリの裏側」にストレスがある

脳科学で分かった「ハマリの裏側」にストレスがある

「ギャンブルにハマル」「ネットにハマル」など・・・ ストレスによって「癒し」の快感が増幅され、人間は何かにハマっていくのです。 脳のシステムから見れば、現代のストレス社会が癒しにハマ...

記事を読む

脳科学を応用した「ハマリの秘訣」

脳科学を応用した「ハマリの秘訣」

前回までの記事は、「ハマリ」のメカニズムを利用して仕事や勉強にハマろうというものです。 そして、その究極の理想像は、「仕事ゃ勉強がすごく楽しい!」と興奮的に思えると同時に、「仕事や勉強をし...

記事を読む

脳科学で分かった「癒し」と「ストレス」と「記憶」の関係

脳科学で分かった「癒し」と「ストレス」と「記憶」の関係

「ほっとする」という快感物質のエンドルフィンは、ストレス物質と並行して出てくることが分かっています。 ストレスはノルアドレナリン系の活動を活発にし、その後、ノルアドレナリン系の活動を抑える...

記事を読む

脳科学を応用した「ギャンブル依存症」の診断

脳科学を応用した「ギャンブル依存症」の診断

パチンコ依存症など、ギャンブル依存症の診断にはこのような基準にのっとって行われます。 A.以下のうち5つ(または、それ以上)にあてはまる。 持続的で反復的な不適応的賭博行為。 ...

記事を読む

脳科学を応用して2つの快感を知る

脳科学を応用して2つの快感を知る

さて、イメージして頂きたいのは、2つの「快感」です。 その1つ目は、「わくわくする」と「どきどきする」などの興奮的な快感です。 普通にいうところの快感は、この「わくわくする」と「どき...

記事を読む

脳科学を応用し「脳にとっての報酬」を決める。

脳科学を応用し「脳にとっての報酬」を決める。

A10神経系・ドーパミン神経系は、思いもよらぬ金銭的な報酬を得たり、欲しいものを手に入れると活動を高めます。 また、「快感」や「報酬」のみではなく、「快感や報酬の予測」でも活動を高めます。...

記事を読む